特定非営利活動法人としてのトラッソス

トラッソスの理念

NPOトラッソスの理念

NPOトラッソスは、スポーツを通し障がい者と健常者が共に成長できる社会の実現を目指して、サッカーを通して知的障がい児・者と健常者がお互いを認め合い尊重し合えるコミュニティ作りを行っています。障がい児・者がやりたくなるサッカーの提供、そしてサッカーを通して社会進出を促進し、ノーマライゼーションに取り組むのが私たちの使命(=理念)です。サッカースクールの継続および新規スクール開設と指導者の育成に取り組み、都内全域にこのコミュニティを広げたいと努めています。

NPOトラッソスの活動

トラッソスの活動

トラッソスでは、知的障がい児・者と健常児・者がサッカーを通した交流の場を設け、相互理解を深めるイベントを開催しています。その1つである COPA-TRA & copa-tra(コパトラ)では、障害のあるなしに関わらず、プレーヤーとして1つのボールを追いかけ、お互いの良さを見つけながら交流しています。スポーツだからこそ、言葉で説明する必要はありません。子ども同士や指導者同士が仲良くなり、そしてお互いが理解を深めていく場になっています。

また、知的障害・発達障害をもつ方々のスポーツ参加の普及と地域社会への理解を図ることを目的として、にっこにこフェスタを毎年開催しております。にっこにこフェスタは、知的障がい者・発達障害をもつ方々、保護者・家族の方々、施設関係者の方々が情報を交換し、またボランティアとして参加する健常児・者が交流する機会となっています。

理事長よりご挨拶

トラッソス理事長 江木ひかり

私たちは知的障がいのある方たちが、少しでも社会の中で自立し心身ともに豊かな生活が送れる支援をしたいとNPO法人トラッソスを設立致しました。

週に数回のスクール・クラブですが、体力をつけ健康を維持するだけでなく、仲間との心のふれあいも大切に活動しています。一つのボールを追いかけ、汗をかき、コートを走り回る姿はすがすがしく素敵です。また大会を通して健常児・者の方たちとの交流も行っています。お互いが学び合える場面や、感動にたくさん出会えます。

ご協力くださる保護者、ボランティアの皆さんには心より感謝しております。これからもますます輪が大きく成長していくことを楽しみに活動していきます。

特定非営利活動法人トラッソス
理 事 長 江木ひかり

NPOトラッソス

団体名

特定非営利活動法人 NPO法人トラッソス

代表者氏名

江木 ひかり

所在地

東京都東京都江戸川区中央四丁目20番18号 
米冨ハイツ1階

設立年月

平成18年2月

役員紹介

理 事 長

江木 ひかり(東京都障害者スポーツ協会理事・元公立中学校特別支援学級教諭 他)

副理事長

吉澤 昌好(FCトラッソス監督)

理 事

鬼原 芳枝(元教育委員会学務課相談係)
橋本 清美(公立中学校特別支援学級教諭)
田中 康嗣(公立中学校教諭・東京都サッカー協会育成部)
藤沼 光輝(FCトラッソスコーチ)
荻野 敦子(FCトラッソスコーチ・理学療法士 他)

監 事

斎藤 啓子(元公立中学校教諭)