社会にある"障害"をなくすために

NPOトラッソスでは、様々な地域・団体に指導者(コーチ)が出向き、サッカー教室を提供するコーチ派遣を行っています。また、知的障がい児/者・発達障がい児/者と健常児/者との交流大会「COPA-TRA & copa-tra(コパトラ)」、共催イベント「全日本知的障害児・者サッカー競技会 にっこにこフェスタ」の開催や、知的障がい児・者/発達障がい児・者の教育やスポーツ指導に携わる方を対象とした学習会「未来を見つめる指導者塾」を実施しています。

指導者(コーチ)派遣

サッカーコーチ派遣:療育運動1
サッカーコーチ派遣:療育運動2

実施目的

サッカーの指導者はたくさん存在しますが、知的障害・発達障害のある方々を対象とする指導者は極めて少ないのが現状です。また、トラッソスの活動する会場に来ることが困難な方も多くいます。NPO法人トラッソスでは様々な地域・団体に指導者(コーチ)を派遣し、笑顔で楽しむサッカーの提供を行っています。

コーチの派遣の詳細および料金については、お気軽にお問い合わせ下さい。

指導者派遣例:狛江市運動療育(2017.4実施) 

サッカーコーチ派遣:療育運動3
サッカーコーチ派遣:療育運動1

未就学児の運動教室を狛江市で月に1度開催しています。(狛江市が実施する運動療育です)

当日の流れ

トラッソスのバンに運動療育で使用する道具を積み、目的地である狛江市民総合体育館へ。体育館で3名のコーチが運動療育の準備を行います。エアポンプを使いエアスタジアムを組み立て、ボールなどの備品を準備し参加者(10組の親子)を待ちます。

1時間の運動教室の後、後片付けの作業に入ります。後片付けの時間を、親御さん同士の情報交換の場と利用されても構いません。その間も子ども達は楽しそうに体を動かしています。使っていたエアスタジアムのパーツを船に見立て、床を指差し「ここは海なの!」と想像力溢れるお話が始まったり、 もしかしたら、後片付けの時間の方が元気かもしれません。

体育館の後片付けが終わったら、道具を再びバンにのせトラッソスのある江戸川区へ。新しく参加してくれた親子のみなさん、いつも参加してくれる子どもの成長など情報交換をしながら帰途に着きます。

運動療育教室の開催があまりないこと、開催されている場所が遠いことなどで、参加したくても/参加させたくても、参加できない親御さんが多くいます。トラッソスが指導者を派遣することで、このような悩みを解決し笑顔が増えることを願っています。

療育とは:発達障害や学習障害などで支援を必要とする子ども達に、社会的に自立のために医療と教育の両面からトレーニングを行うことをいいます。

未来を見つめる指導者塾

NPOトラッソスでは、知的障がい・発達障がいのあるお子さんへのスポーツ指導などに携わっている方々を中心に、指導者の勉強会を開催してます。

s指導者塾_発達障害勉強会
障がい児の未来をみつめる指導者塾
障がい児の未来をみつめる指導者塾

子ども達の未来がより豊かになるように、「今」に向き合う機会を共有しませんか?

地域で活動される指導者同士が、日々努力されていること、悩んでいることを共有しながら、子ども達の未来をみつめる勉強会です。勉強会では、筑波大学・澤江幸則氏をメイン講師に迎え、DCD(発達性協調運動障害)のケーススタディを出発点とし、身体の動きや心の変化、環境の変化などについて学びます。

知的障害・発達障害のある子ども達の指導者として何が必要か考察し、様々な事例を考察しながら障害のある子どもの指導について体系的に学びます。また、地域スポーツのあり方と可能性、教育機関との共有及び連携について、そしてこれからの発展について意見を交わします。

メイン講師
Sawae

澤江 幸則 氏

筑波大学 体育系 博士(教育学) 臨床心理士

障がい児の運動発達支援をテーマに実践と研究を行っている。余暇活動支援として、発達障がいのある、および「気になる」子どもを対象にした家族参加型のスポーツ教室と、アセスメントを含めた個別の運動指導としての運動発達クリニックを実施している。

指導者塾詳細

対象者

スポーツ指導者・教員・放課後等デイサービス職員・学生・興味のある方

参加費(1回あたり)

1名:2,700円 (2名以上・会員:2,160円/1名)
学生:1,000円
※ 会場での支払いとなります。

申込方法

ウェブサイトのフォーム、または下記情報を記載の上、FAX/Emailにてお申し込み下さい。

① 氏名 ② ふりがな ③ 連絡先 ④ メールアドレス ⑤ 所属先 ⑥ 希望日

開催日時
2018年1月20日(土)19:00-21:00
2018年3月3日(土)19:00-21:00

受付開始:18:30〜

開催場所
2017/11/11 タワーホール船堀 301会議室
2018/1/20 タワーホール船堀 307会議室
2018/3/3 未定(決定次第お知らせします)
 タワーホール船堀ホームページ

申し込み締切日

開催日の1週間前にお申し込みを締め切らせて頂きます。


参加お申し込みフォーム

COPA-TRA & copa-tra(コパトラ)

copa&tra(コパトラ)
copa&tra(コパトラ)1
copa&tra(コパトラ)2

開催目的

健常児・者と一緒にサッカーをすることで、コミュニケーション能力や社会性を高めます。

2004年にスタートした当時、知的障がい児について事前に学習をしてきてくれる健常児の団体さんがありました。知的障害に関心を持ち調べてくれ、とても嬉しかったのですが、その子ども達は、どこかぎこちなく過剰に優しくしてくれました。その不自然さを彼らの監督さんにお話ししたところ、「サッカーを通して、お互いに出来る事も出来ない事も一緒に見守っていこう」となりました。インターネットや書籍、テレビなどを通して一方的に理解するのではなく、サッカーを通してお互いに理解する ー「観て感じて行動する」ことから生まれるものを大切にしていきたいイベントです。

高齢者・障がい者レクリエーション講座

高齢者・障害者レクリエーション講座
高齢者・障害者レクリエーション講座
高齢者・障害者レクリエーション講座

開催目的

駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催されるレクリエーション講座では、NPO法人日本サッカーOB会と一緒にサッカーを通し交流を深めます。

世代を超えて笑顔でボールを追いかけるのは本当に楽しい時間です。同年代だけではなく、様々な年齢の人たちとのコミュニケーションも成長する上では欠かせません。年齢や障害の有無に関わらずに楽しめる交流会です。2017年3月19日のレクリエーション講座の様子を Facobook でご覧いただけます。(Facebookアカウントがなくても、こちらのリンクからご覧いただけます)。

にっこにこフェスタ

2016にっこにこフェスタ

開催目的

にっこにこフェスタロゴ

知的障がい児・者が、日常的にスポーツに携わる機会は少なく、また、その中でも未経験者から競技者までとニーズの幅も広いのが現状です。このような環境で普及の種を蒔き、環境改善及び意識の高揚、地域社会への理解を図ることを目的として、にっこにこフェスタでは「誰でも、一人でも、仲間とも、家族とも」楽しめるサッカーを提案しています。

スポーツ振興くじ助成事業
totoバナー

にっこにこフェスタは、toto のスポーツ振興助成を賜り知的障害児・者の方々が楽しみながら、身体を動かして、健全な肉体と精神を保って頂きたく、毎年開催させて頂いております。今後とも皆様のご支援よろしくお願いいたします。